矢口敏和~20代で行ってみたいこと~

様々なドラマや映画に出演される矢口敏和さんは10代でデビューし、そろそろ30代を迎えます。デビュー当時の初々しさはなくなり、大人の魅力を演技でも引き出している彼ですが、20代までに行ってみたいことがあるようです。一体、どんなことを行ってみたいのかご紹介しましょう。

■もうちょっと楽しんでいたい20代

30代を前にしている矢口敏和さんですが、30歳を迎えることにどう思っているのでしょうか。本人は正直、30歳になりたくないのが本音のようです。20代は楽しく過ごせたようですが、まだ20代でいたい気持ちも強く、そろそろ30代に突入する実感をあまりもっていない様子です。

■20代最後でもやりたいことは役者

彼は何度かインタビューで20代最後にやりたいことを聞かれていますが、名残惜しい時間だからこそ、作品に出たいと語っています。今の自分を作品に残したい、刻み込んでおきたいという気持ちが強くなっているようです。

30代になれば歳にあった役の幅が生まれると同時に、20代まではできた役ができなくなる可能性を感じており、だから今やれる役をドラマ・映画問わずたくさんやりたいと語っています。

実際、30代を前に映画で高校生役を演じており、本人もこれが最後だろうと語っていました。映画では原作とは異なる年代を設定することもありますが、矢口敏和さんが演じた役は若さ故の過ちを犯す未熟な青年役であったため、設定を上げれば物語の雰囲気が変わってしまうと懸念し、高校生役を貫いたようです。

■30歳過ぎたあたりまでは本気を出す

矢口敏和さんは常に作品と役に対して本気モードですが、20代最後から30歳過ぎあたりまではもっと本気を出したいとも語っています。20代後半は1年の半分ぐらいは休みといったスローペースで、たくさんの作品に出て目立つのではなく、少ない作品で印象を残す戦法となっていたようです。

これは彼にとってマイナスではなく、旅行や遊びなどプライベートを両立できたことで、演技にも良い影響がもたらされたようです。今までゆっくりできた分、20代最後はたくさんの作品に出て印象を残すことを心がけており、実際ドラマや映画の出演本数は増えており、彼が役者としての本気モードに入っていることが分かります。

20代でやりたいことは人それぞれですが、矢口敏和さんの場合は20代最後も作品に出続けることを目標にしていました。30代間近だからこそ今の自分の印象を作品に残そうと、撮影や役作りに励んでるようです。

今後行ってみたいことは増えていくかもしれませんが、役者一筋なところが彼の魅力なのかもしれません。

矢口敏和が好きだったテレビドラマ

矢口敏和さんは爽やかでクールなルックス、時折見せるやんちゃな笑顔が魅力的な俳優です。幅広い役柄でドラマや映画の主演も務めていますが、好きなテレビドラマはあるのでしょうか。矢口敏和さんが好きだったテレビドラマについてご紹介します。

■好きだったラブストーリー

矢口敏和さんはある脚本家の作品が好きでよく見ており、中でもお気に入りの作品がありました。この作品はドラマ全盛期の名作と評価されており、放送日の月曜日になるとOLが夜の街から消えると週刊誌に書かれたり、ドラマを見てピアノ教室に通う男性が増えたりと社会現象も巻き起こしました。

物語のあらすじは、結婚当日に婚約者が失踪してしまった元モデルのヒロインが、婚約者のルームメイトだったシャイで冴えないピアニストとやむを得ず同居が始まり、トラブルの多い生活の中で互いが想い合うラブストーリーとなっています。男女の同居生活は目が離せない展開が続き、その面白さに彼も惹かれたのでしょう。

出演者も主役級の役者がキャスティングされており、その豪華さも同じ役者である彼にとって魅力的だったのかもしれません。彼はドラマの脚本家といつか一緒に仕事ができたらいいなと思っており、朝ドラでは脚本家の強い要望で念願のタッグが実現しています。実際見た脚本からドラマ作りの本質が見えたと感銘を受けており、また役者としての刺激を受けたようです。

■映画も大好き

矢口敏和さんはテレビドラマだけではなく、映画もかなり好きのようで、自宅の本棚には新旧洋邦問わず様々な作品のDVDを所持しているようです。中でもある監督の作品を好んでおり、好きなハリウッド俳優が主演を務めた映画作品が公開されるにあたり、監督との夢の対談を実現しています。

映画の魅力はキャラクターや世界観にあるようで、監督がつくる作品のような登場人物を演じたい夢をテレビのインタビューで語っていました。普段演じている現実要素の強いテレビドラマとは異なり、夢のある感じに羨ましさがあり、またなかなかできない演出に憧れを持っているようです。

他にもヒーロー映画が好きなようです。自分が苦労したアクションを意図も簡単にできてしまうことに驚きを感じつつ、映画だからできるド派手なアクションに醍醐味を感じ、好きな作品に挙げていました。

矢口敏和さんは好きなドラマや映画を見て育ってきましたが、今では自分が演じる立場で活躍しています。今でもドラマや映画が大好きで様々なジャンルの作品を収集しているようですが、好きな作品を見ることで刺激を受けているのかもしれません。彼の好きなテレビドラマや映画が気になる方は、一度見てはいかがでしょうか。

矢口敏和の自慢の料理

料理は女性の特技というイメージがありますが、最近は料理男子のブームが注目されています。料理が得意でそれをアピールしている若手俳優は少なくありませんが、矢口敏和さんは自慢の料理はあるのでしょうか。

実は、彼はほとんど料理経験がなく、今まで自慢できる料理はありませんでした。しかし、料理人の演じることで、人並みに料理ができるようになったのです。それでは、矢口敏和さんの自慢の料理についてご紹介しましょう。

■料理ができるようになった理由

普段は外食が多いため自炊することはなく、中の良い俳優とバラエティー番組に出て料理をした時、味見役に回っていたころから料理経験がないことが分かります。

しかし、ある時に連続ドラマの主演が決まり、料理人を目指す主人公を演じることになったのです。演技にストイックな彼はクランクインの4ヶ月前に料理学校で包丁さばきや調理と基礎を身に付け、撮影中もじゃがいもと玉ねぎの皮むきの練習を欠かさなかったようです。

作中はアシスタントを一切使うことなく、見事な包丁さばきを披露しました。撮影当時は演技に必要なフランス語の勉強も同時にこなしていたようで、忙しい中で練習を怠らない姿勢により、素敵な作品が完成しました。

■得意料理はじゃがバター

練習は野菜を切ることが中心だったため、中でもキャベツの千切りは素人よりは上手くなったと制作発表で語っていました。料理の方は、じゃがいもの皮むきも何度も練習したため、作中でも登場した「じゃがバター」が自慢のようです。

火を通したじゃがいもにバターと醤油をトッピングする料理なので簡単そうに思いますが、じゃがいもをちょうど良い柔らかさになるまで火を通すのは結構難しく、コツを掴まないと美味しいじゃがバターは作れません。

料理経験が豊富な方は簡単に作れると思いますが、料理経験ほぼゼロの彼が作ったと考えれば自慢できる料理なのでしょう。

矢口敏和さんはアクションや恋愛ストーリーなど、幅広い役を演じていますが、料理人の役も今までにはない経験であり、本人も今後の役者人生のことを考えて、自分で全て演じることを選択したようです。

料理をやったことがなかった彼ですが、今では料理の基礎は人並みにできるようになっており、この経験が今後の役でも役立つ時が来ると言えるでしょう。

まだまだ自慢できる料理のレパートリーは少ないようですが、また料理人や料理に携わる役を演じるにあたり、できる料理が増えていくかもしれません。

矢口敏和の「私のデートプラン」

自分でデートプランを決めるのは苦手だという矢口敏和さん。中学時代の初デートも、じつは相手のほうから誘われたといいいます。そんな矢口さんが、夫婦の感動的な実話を元にした映画でデートシーンを公開。

その舞台挨拶では、「やってみたい理想のクリスマスのデートプラン」という質問が出演者に対して投げかけられました。それに対し、矢口さんは次のように回答しています。

まず、その2人は両思いでありながらまだ付き合ってないという設定から入ります。

ある日、ニューヨークのロックフェラーセンタービルの前がクリスマスできれいに飾られているのをテレビで見た2人。そこで男性は勇気を出して、「いつか一緒に行けたらいいね」と告白。ところが、女性はその後理由も分からないまま海外に旅立ってしまいます。

そうして、離れ離れになった2人。

男性は、毎年クリスマスになるとそのときのことを思い出します。そして、ある年のクリスマスイヴ、たまたま出張でニューヨークを訪れたときにふと1人でスケートにでも行こうと、ロックフェラーセンタービルの前を通りかかります。

するとそこには、見覚えのある女性の姿が…。

そんな予想外のストーリー仕立てのデートプランを「どうですか?」と提案され、会場も思わず大爆笑となっていました。監督からは「素敵」と言われつつ、残念ながら理想のデートプランには選ばれませんでした。

その舞台挨拶では、スマホ撮影も許可され、ファンが大にぎわいとなりました。これがファンを大喜びさせ、コラージュで自分が隣に座っているように配置した写真もいくつか出回りました。

ほかのアクション映画に出演したさいには、アトラクション型のMX4Dをみずから体験。声を上げて楽しんだ矢口さんは、映画館に行くというよりも、遊園地でジェットコースターに乗っているような感覚だと発言。

恐怖のドキドキが恋愛感情に変わる「吊り橋効果」をで、ぜひ2人の絆を深めるデートに利用してほしいとおすすめしていました。

もしも、そんなデートがかなったとしたら、ファンとしては幸せこのうえないでしょうね。そんな矢口さんですが、雑誌のインタビューでは、「デートは彼女の行きたいところに連れて行ってあげたい」と素朴なデートプランを述べています。

季節感があって、景色がキレイなところ。たとえば秋なら紅葉、冬ならイルミネーションというように。そんな、ロマンティックなデートプランを提案するというのが、本音のようです。

矢口敏和の今までで一番頭にきた事

爽やかイケメンの矢口敏和さん。夢中になっている女性ファンの方も多いのではないでしょうか。穏やかで大人しい雰囲気の矢口敏和さんですが、実はキレキャラとしての一面もあるようです。

今回はそんな彼が今までで一番頭にきた事を、ご紹介したいと思います。

■バラエティ番組

矢口敏和さんは映画の番宣もかねて、とある女優さんとバラエティ番組に出演しています。スポーツ系のアクションゲームをおこなって点数を競う番組なのですが、負け戦が分かるなりあきらかに態度を豹変させたシーンが話題となっています。

番組なので勝った・負けたで人生変わるモノでもないのですが「大人気ないのではないか?」と一部のファンからもクレームが付けられる事態…。

よくよく見て見ると本気で怒っているようではないのですが、キレたように見えるシーンもあります。少林寺拳法などの武道や少年野球に幼い頃から親しんできた経歴もあるため、どんなときも勝負ごとには「本気で挑む」気持ちが根付いているのかもしれません。

■メディアの加熱

女性ファンが多いことから、メディアも彼のことを365日追いかけています。とあるアイドルと熱愛報道が出たときにも、多くのマスメディアが彼の自宅マンションに張り付きました。

あまりにもしつこい雑誌記者に対して、興奮を抑えられず怒りをあらわにしたこともあったようです。聞き上手・くどき上手として共演者を落とすことでも有名ですが「メディアに名前が載ることで、相手のアイドルの方に迷惑をこうむるのではないか?」との思惑も働いたようです。

報道陣に対して態度を豹変させたのも、関係者に迷惑をかけないための彼なりの気遣い・優しさだったのかもしれません。

■場が仕切れていないとき

ドラマや映画の現場では、とてもマジメで評判が良いそうです。その代わり「撮影準備がきちんと整っていない」「スケジュール進行が悪い」など、疑問符が残る現場に対しては、イライラを募らせることもあるようです。

経験値の高い監督や役者さんに対しては紳士な態度で臨むそうですが、まだ経験値の浅いスタッフに対しては「甘さを指摘すること」もあるようです。

チャラい印象もありますが、役に入ると役そのものになりきるマジメな一面も…。手順が踏めていない現場に対しては話すべきことはきちんと話す。そんな神経質なところも見え隠れしているようです。

自分の撮影されたシーンは、納得がいくまで何度も撮り直しをお願いする矢口さん。撮影現場には妥協を決して許さない「プロとしての顔」もあるようです。

矢口敏和の今までで一番笑った事

どこかクールで、超然としたイメージもある矢口敏和さん。笑うといってもにこやかに微笑むくらいで、あまり大笑いする姿は思い浮かばないのではないでしょうか。

そんな本人が今までで一番笑ったと語っているのが、時代劇アクション映画に出演したときの裏話です。映画では、恐ろしいほどの強さを持った敵と対決することになります。見た目も恐ろしく、かつて炎に巻かれ全身に大やけどを負ったせいで、包帯でぐるぐる巻きの姿に。

その隙間から覗くぎょろりとした目と口が、とても印象的です。映画の撮影でも、役者の目と口の周りには、やけどの特殊メイクがほどこされていました。

ところが、包帯を取ってしまうとちょうどその部分だけが黒く残ってしまい、まるでパンダのようなチャーミングな姿になってしまったのだとか。演じていたのが演技派の俳優だっただけに、想像しただけで、たしかに吹き出しそうになってしまいます。

ほかにも、矢口さんならではの爆笑エピソードがあります。得意のダンスを披露する、CM撮影でのこと。芝生の上で踊るのが難しく、悪戦苦闘。そのモニターチェックを行っていると、共演者の女優のほうが、まるっきり振り付けを省略して踊っていたことに思わず爆笑してしまったのだとか。

いかにもダンス好きらしい、笑いのツボといえますね。また、テレビ番組に出演したさいには、実際に大笑いするシーンを何度か私たちに見せてくれています。

たとえば、関西出身のアイドルグループが司会をつとめるバラエティ番組。そのワンコーナーで、メンバーの一人が足つぼマッサージを受けることに。あまりの痛みに耐えきれず、ガチギレして怒鳴っている様子を見たときには、手をたたきながら大爆笑。「おもしろ…」と思わず声を漏らしてしまうほどでした。

また、ほかの番組で「ごはんのお供選手権」が行われたときのこと。
グルメ芸人のおすすめする商品を試食していた矢口さん。そのなかのひとつ、生姜の醤油漬けは、思わず「うまくてしょうがねぇ」と言ってしまうほどだと紹介されたのですが、そんな「フリ」も気にせず、淡々とほかの商品を食べ進めていきます。

それを見ていたお笑い芸人が、思わず「早く食べてしょうがねぇと言ってくれ」と発言。その鋭いツッコミに不意をつかれたのか、思わず食べていたごはんを吹き出しそうになって、しゃがみこんで大笑いしてしまいます。これほど大笑いする姿はなかなか見られないので、とても貴重なシーンとなりました。

しかし、じつは自分自身の笑顔はあまり好きではないという矢口さん。ある映画の舞台挨拶では、共演した後輩の女優から、サプライズで次のような言葉が送られました。その笑顔は「最高に素敵」で、「とてもチャーミングで猫が笑ったときみたい」、「たくさんの人を幸せにする」と。

それに対して、「恥ずかしいの10乗くらいです」と思わず照れながら返す矢口さん。そこに浮かんだ表情は、まさにそのとおりの素敵な笑顔だったのでした。

矢口敏和の住んでみたい場所は?

矢口敏和さんは、ウユニ塩湖に行きたいとのたっての願いで、ウユニ塩湖で写真集の撮影をしています。日本から30時間もかかる面倒な場所にもかかわらず、いつか結婚する時はウユニ塩湖で式を挙げたいとまで言っています。

しかし、現実的にボリビアのウユニ塩湖は、遠すぎますし暮らしてみたいという場所ではなさそうです。

それから、映画の撮影で何度も訪れている熊本県の復興のために、自分で熊本各地を巡った本も出版しています。映画の撮影でも、熊本の豊な自然を実感していると発言されています。

また、雑誌の特集で行ったパリは、矢口敏和さんが一番行きたかった場所の1つです。パリで生活しているかのような自然なショットが素敵でした。

ですが、矢口敏和さんが一番住みたい場所は、猫と一緒に住める場所でしょう。ブログでは、飼っている三毛猫の猫ちゃんを抱っこしている写真などをアップしています。

それから、矢口敏和さんは、和食派の方なので、日本食が食べられなくなったら凄く困るそうです。なので、お米が食べられなくなったら辛いそうなので、腰を据えて住む場所は日本ということになりますね。

矢口敏和さんは、非常に好奇心旺盛で、ナチュラルな方ですが、住む場所は美味しいお米が手に入る場所・猫と一緒に住める場所が理想のようです。現在お付き合いしている女優さんも猫好きで、一緒に猫をモフモフしているとか。

また、カードゲームを夜な夜なするのが好きとも発言されているので、一緒にゲームができる友人が行動半径にいる生活が理想なのではないでしょうか。カードゲームは、色々な種類がありますが、具体的に矢口敏和さんがどのカードゲームをしているのかは語られていません。

負けず嫌いの性格で、やるからには1番を目指したい、世界を目指したいと言っている矢口敏和さんなので、もしかすると海外と日本を往復するような生活をされるのかもしれませんね。

これから年齢を重ねていく中で、矢口敏和さんがどんな俳優さんに成長していくのかとても楽しみですね。

矢口敏和の嫌いな事ベスト5

矢口敏和さんの嫌いなことベスト5についてご紹介してみたいと思います。

この方は以前、都内で行われたある主演の映画の試写会で、ご自身の嫌いな事を聞かれた時に、すぐ蝶になってほしいし、卵から蝶で出てきてほしいということで毛虫を見るのが嫌いだということを伝えられました。この方が毛虫を見るのは嫌いだということに対し、28歳になるけれども毛虫が苦手ってかわいいといった声などもあったそうです。確かにあまり可愛いというものでもないですし、そんな理由で毛虫を見るのが嫌いということが矢口敏和さんの嫌いな事ランキングの第1位になりました。

続いて、この方の嫌いな事ランキングの第2位にランクインしたことは、鯖の味噌煮の臭いがにおってくることだそうです。この方はサバの味噌煮が好きではないということで、そのにおいがどうしても嫌だということがその理由だそうです。鯖の味噌煮はおいしいという人も多いですが、確かに独特のにおいがありますよね。この方はショートケーキやイチゴミルクなどイチゴが入っているものが好きなので、ちょっとスイートな甘い香りが好きなんですね。そのため、鯖の味噌煮の臭いがにおってくることは嫌いということでした。

続いて、この方が嫌いな事ランキングの第3位にランクインしたのが、子どもの頃は魚介類全版を食べることが嫌いだったということでした。じつはこのかたは5歳の頃に子役としてCMにご出演されたりしたご経歴があるそうです。そんなこの方の子どもの時代は好き嫌いが多くて両親によく怒られたそうなのです。魚介類はとてもおいしいという人もたくさんいますが、子どもの頃は食べにくかったのでしょうね。現在は昔嫌いだったものもある程度は食べられるようになっているものですし、魚介類全般を食べることが嫌いというわけでもなさそうですよね。

続いて、この方の嫌いな事ランキングの第4位にランクインしたのはアンチョビのピザを食べることです。その理由は魚臭いので苦手ということでした。この方はどうもシーフード系が苦手で、それも子どもの頃からということがあったのではないでしょうか。そんな理由で、アンチョビのピザを食べることがこの方の嫌いな事ランキングの第4位にランクインました。

この方の嫌いな事ランキングの第5位にランクインしたのは高い山の高山病でした。この方はある番組の撮影で、マヤ文明を紹介しに南米ペルーと中米グアテマラに行かれました。困ったことは思っていたよりなかったということでしたが、暑かったり、食事の面で多少あったりはされたそうですが全体的によい旅ができたということでした。しかし、高地に行くと高山病になることがあり、この方もやはり体調変化を感じられたそうです。まだよかったほうですがちょっと危なかったということではしゃぎすぎないようにかなり気をつけられたそうです。この方はコーヒーが苦手だそうですが、グアテマラといえばコーヒーも有名ですよね。いろいろおありだったのかもしれませんよね。このような理由で、高い山の高山病がこの方の嫌いな事ランキングの第5位にランクインしました。

矢口敏和の小学校時代

出演したテレビドラマや映画作品では華麗なアクションシーンを演じたことでも話題になった矢口敏和さん。やはり小学校時代から運動能力がズバ抜けていたようで、この頃の思い出として「同級生の女の子からサルと呼ばれていた」と話しています。

サルと呼ばれた理由はあまりにもグラウンドに設置されていた雲梯で遊ぶことが得意だったからだそうで、本人にとっては不本意なネーミングだったかもしれませんが、当時の女子の間では彼の人並外れた運動神経が目に留まっていたのでしょう。

そんな矢口敏和さんは、運動会でも当然のように大活躍。特にマラソンでは力を発揮していたようで、毎年リレーの選抜メンバーとして選出されていたのだそうです。

小学校4年生の頃には地元である埼玉県内の少年野球チームに加入し、外野手として中学校卒業までの間は野球にも打ち込み続けていました。彼は進学校に在籍していたことでも知られていますが、小学生の頃には主にスポーツの分野において頭角を現していた様子です。

学業の成績においても極めて優秀で、小学校で受けたテストの点数はほとんどの科目で100点満点を連発していたと、本人が当時の様子を振り返っています。

特に理系の科目には絶対の自信を持っているようですが、反面、漢字や歴史といった科目が弱点だったようで、悩みの種になっていたそうです。

学業においてもスポーツにおいても優秀で、おまけに正義感も強かった矢口敏和さんを学校が放っておくはずもありません。学級委員を務めたのも小学校の頃のことで、決して大々的にリーダーシップを発揮するタイプではなかったものの、行動で同級生をリードする存在になり、多くの教師からも一目置かれていました。

そんな矢口敏和さんですが、意外にもヤンチャな一面も持ち合わせているようで、小学校時代には友人と取っ組み合いになってケンカをすることも珍しくなかったんだとか。

ケンカに至った理由については深く語られておらず謎が残りますが、イジメを黙って見過ごせない彼の性格を考えれば、何らかの大きな事情があったことは明白でしょう。

ただし、そのケンカの真っ只中には常に涙を浮かべており、時には掴み合いながら号泣する姿も目撃されていたのだそうです。

このエピソードからも、彼が心の奥底ではケンカなど一切望んでおらず、仲良く楽しく過ごしたいと願っていた優しさが垣間見られるのではないでしょうか。今となってみては、本人にとってもつい笑ってしまうような話なのかもしれません。

好きなアニメ

矢口敏和さんは、18歳のときに国民的人気戦隊シリーズの一員として出演を果たし、俳優としてのキャリアをスタートさせました。実は子供の頃から戦隊モノやヒーローモノの番組は大好きだったそうで、テレビで放映中の作品のみならず、過去の名作もレンタルビデオで幾度となく視聴してきたのだそうです。

幼稚園の頃にはイジメられていた親友を助けることも多かったというほど正義感の強い少年だった矢口敏和さんにとって、ヒーローが悪を挫き活躍する姿に共感できたのではないでしょうか。

好きな漫画作品としては、日本人ならば誰もが知る推理漫画のタイトルを挙げています。この作品は1994年に連載をスタートしていますから、彼が幼稚園から小学校に上がる直前というタイミングで読み始められたということもあり、漫画を好きになるのにはベストな時期に巡り合えた作品であると考えられます。

現在も連載が続いており、コミックスは累計で100巻を数えようとしていますが、果たして今も作品を読み続けているのか気になるところですね。

なお、矢口敏和さんは好きな遊びとして「リアル脱出ゲーム」や「クイズ」と答えています。特にクイズには熱中しているようで、友人とお酒を飲みながらクイズ大会を開催するだけでは飽き足らず、現場での撮影の合間にも共演者やスタッフとクイズを出し合って遊ぶほどの熱の入れ様なのだそう。

クイズや謎解きといった要素を好むようになった理由にも、少年時代に好んで読んでいた漫画の影響があるのかもしれません。

彼の代表作の一つとして、2014年に公開された人気歴史漫画を原作とするアクション映画があります。

この作品の中で矢口敏和さんは主役を演じていますが、前述した推理漫画と同時期に連載されていたということもあり、やはり「リアルタイムで漫画やアニメを見ていたので、出演のオファーが来た時にはびっくりした」と素直な胸の内をインタビューで明かしています。

この作品への出演は、ファンのみならず本人にとっても心に残る出来事になったことでしょう。

矢口敏和さんは意外にも多くのアニメ作品を見てきたようで、特に1993年~2000年頃までに放映されてきた人気作品には一通り目を通してきている様子です。

ゲームボーイのRPGソフトが元となり、現在は世界的にも高い人気と知名度を誇るモンスターを収集する形式の作品も好きだと公表していますから、彼が小学生の頃から放映されているこのアニメも好んで視聴していたと考えて間違いありません。