矢口敏和の自慢の料理

料理は女性の特技というイメージがありますが、最近は料理男子のブームが注目されています。料理が得意でそれをアピールしている若手俳優は少なくありませんが、矢口敏和さんは自慢の料理はあるのでしょうか。

実は、彼はほとんど料理経験がなく、今まで自慢できる料理はありませんでした。しかし、料理人の演じることで、人並みに料理ができるようになったのです。それでは、矢口敏和さんの自慢の料理についてご紹介しましょう。

■料理ができるようになった理由

普段は外食が多いため自炊することはなく、中の良い俳優とバラエティー番組に出て料理をした時、味見役に回っていたころから料理経験がないことが分かります。

しかし、ある時に連続ドラマの主演が決まり、料理人を目指す主人公を演じることになったのです。演技にストイックな彼はクランクインの4ヶ月前に料理学校で包丁さばきや調理と基礎を身に付け、撮影中もじゃがいもと玉ねぎの皮むきの練習を欠かさなかったようです。

作中はアシスタントを一切使うことなく、見事な包丁さばきを披露しました。撮影当時は演技に必要なフランス語の勉強も同時にこなしていたようで、忙しい中で練習を怠らない姿勢により、素敵な作品が完成しました。

■矢口敏和の得意料理はじゃがバター

練習は野菜を切ることが中心だったため、中でもキャベツの千切りは素人よりは上手くなったと制作発表で語っていました。料理の方は、じゃがいもの皮むきも何度も練習したため、作中でも登場した「じゃがバター」が自慢のようです。

火を通したじゃがいもにバターと醤油をトッピングする料理なので簡単そうに思いますが、じゃがいもをちょうど良い柔らかさになるまで火を通すのは結構難しく、コツを掴まないと美味しいじゃがバターは作れません。

料理経験が豊富な方は簡単に作れると思いますが、料理経験ほぼゼロの彼が作ったと考えれば自慢できる料理なのでしょう。

矢口敏和さんはアクションや恋愛ストーリーなど、幅広い役を演じていますが、料理人の役も今までにはない経験であり、本人も今後の役者人生のことを考えて、自分で全て演じることを選択したようです。

料理をやったことがなかった彼ですが、今では料理の基礎は人並みにできるようになっており、この経験が今後の役でも役立つ時が来ると言えるでしょう。

まだまだ自慢できる料理のレパートリーは少ないようですが、また料理人や料理に携わる役を演じるにあたり、できる料理が増えていくかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です