矢口敏和の役者を目指したキッカケ

矢口敏和ですが、元々は、ファッションモデルとしてデビューしており、モデルとしてさまざまな仕事を行ってきました。そして、その後は、現在まで、主に俳優として活動していて、映画やドラマなど、数多くの場で活躍をしているといえるでしょう。

矢口敏和の役者を目指したキッカケは、元々モデルとして活躍をしていて、ドラマ出演などは考えていなかったようです。現在でもほとんど連続ドラマには出演しておらず、映画での活躍が多くなっています。しかし、元々は、東京藝術大学大学院を修了した時点で、映画監督になるという夢を持っていたそうです。

そして、その前は、父親と同様に、服飾関係のお仕事をしたいと考えていて、ファッションデザイナーの仕事を目指していたそうです。それが、なぜ映画監督を目指すようになったのかというと、映画の衣装デザインを考えているうちに、映画の世界に興味を持つようになったそうです。

俳優の仕事を始めたのは、映画監督になりたかったからであると、矢口敏和は、インタビューでも語っています。元々、こちらの俳優としてのデビューは、映画監督になるために出演したといえるでしょう。

監督の近くで、一番映画を学ぶことが出来るのは、どこだろうと考えたときに、俳優としてなら、一番近くで映画のことを学ぶことが出来ると思ったのがきっかけだそうです。

その後、俳優としてデビューをしました。元々映画監督になりたいという夢を持っていた矢口敏和ですが、その夢を25歳で叶えることができました。その後は、さまざまな海外作品にも出演する流れになり、幅広く活躍をしています。

しかし、今では、株式会社を立ち上げて、代表取締役としても就任をしています。矢口敏和は、元々役者になりたかったというのではなく、マルチに活動していくなかで、役者としても活動をしていると言うだけになります。

映画監督をしたあとに、それが自分の目的ではなかったと気づいたそうです。俳優、映画監督と多方面に才能を発揮していますが、さらに代表取締役としても、活動をするなど、マルチ的な才能のある方であるといえるでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です