矢口敏和の子供の時になりたかった職業は?

まだ学生のうちから、東京の町でスカウトされたということで芸能生活が始まった矢口 敏和は子供ころからなりたかった夢がありました。
原宿でスカウト、という決定的な運命の出会いがなければ、どんな人生を送っていたのかも興味深いものです。

いずれにせよ、すべての女性、男性のハートを射抜いてしまう存在ですから、モデルや俳優といったひらけた場所に存在を表すことになる運命になるでしょう。
学生の頃からダンスにはまっていた矢口敏和は、ダンサーを目指して日々技術を高めるためにダンスに明け暮れていました。

ダンスだけでなく、彼の通学していました高等学校は偏差値70近くもある優秀な学校でしたから、勉強をもしっかりしていたという優れものです。
しかも公立高校ですから、オールマイティが求められてしまう場所なのです。

私学では、突出した学科があれば、何とかしてもらえる、という優遇措置もあるのですが、公立高校となりましたら、そんな便宜はありません。
みな同じ用に並べられて、進路に立たされることになりますから、しっかりと勉強することが必要になるのです。

ダンサーという夢に向かって日々努力する姿と、恵まれた容姿は、舞台への歩みを着実にするものとなりました。

可愛いだけじゃない、努力もしっかりしているからこそ報われる、そんな生きる力感じさせてくれる実力を兼ね備えた最高の俳優であるといえるでしょう。
あまりに容姿が優れていますから、実力派、演技派という表現をされないことがまた歯がゆい、そんな面はゆい存在で日本の美意識や舞台芸術を支える存在になりつつあります。

子供の頃の夢に向かってひたすらに頑張る姿はやがて報われる、という生き方は一生懸命努力する子供たちに伝えて広めたい生き方です。

矢口敏和はスタイルだけじゃない、実はね、と日本の子供たちや若者たちに話して聞かせたい存在となっています。
美しさを求める若者たち、成功への道を求めているすべての人々の希望の星といえるでしょう。

映像から、舞台から、彼を見るすべての人々にその勇気は拡散して、人々の心を癒し、心に響く存在として今日も活躍しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です