矢口敏和の嫌いな事ベスト5

矢口敏和さんの嫌いなことベスト5についてご紹介してみたいと思います。

この方は以前、都内で行われたある主演の映画の試写会で、ご自身の嫌いな事を聞かれた時に、すぐ蝶になってほしいし、卵から蝶で出てきてほしいということで毛虫を見るのが嫌いだということを伝えられました。この方が毛虫を見るのは嫌いだということに対し、28歳になるけれども毛虫が苦手ってかわいいといった声などもあったそうです。確かにあまり可愛いというものでもないですし、そんな理由で毛虫を見るのが嫌いということが矢口敏和さんの嫌いな事ランキングの第1位になりました。

続いて、この方の嫌いな事ランキングの第2位にランクインしたことは、鯖の味噌煮の臭いがにおってくることだそうです。この方はサバの味噌煮が好きではないということで、そのにおいがどうしても嫌だということがその理由だそうです。鯖の味噌煮はおいしいという人も多いですが、確かに独特のにおいがありますよね。この方はショートケーキやイチゴミルクなどイチゴが入っているものが好きなので、ちょっとスイートな甘い香りが好きなんですね。そのため、鯖の味噌煮の臭いがにおってくることは嫌いということでした。

続いて、この方が嫌いな事ランキングの第3位にランクインしたのが、子どもの頃は魚介類全版を食べることが嫌いだったということでした。じつはこのかたは5歳の頃に子役としてCMにご出演されたりしたご経歴があるそうです。そんなこの方の子どもの時代は好き嫌いが多くて両親によく怒られたそうなのです。魚介類はとてもおいしいという人もたくさんいますが、子どもの頃は食べにくかったのでしょうね。現在は昔嫌いだったものもある程度は食べられるようになっているものですし、魚介類全般を食べることが嫌いというわけでもなさそうですよね。

続いて、この方の嫌いな事ランキングの第4位にランクインしたのはアンチョビのピザを食べることです。その理由は魚臭いので苦手ということでした。この方はどうもシーフード系が苦手で、それも子どもの頃からということがあったのではないでしょうか。そんな理由で、アンチョビのピザを食べることがこの方の嫌いな事ランキングの第4位にランクインました。

この方の嫌いな事ランキングの第5位にランクインしたのは高い山の高山病でした。この方はある番組の撮影で、マヤ文明を紹介しに南米ペルーと中米グアテマラに行かれました。困ったことは思っていたよりなかったということでしたが、暑かったり、食事の面で多少あったりはされたそうですが全体的によい旅ができたということでした。しかし、高地に行くと高山病になることがあり、この方もやはり体調変化を感じられたそうです。まだよかったほうですがちょっと危なかったということではしゃぎすぎないようにかなり気をつけられたそうです。この方はコーヒーが苦手だそうですが、グアテマラといえばコーヒーも有名ですよね。いろいろおありだったのかもしれませんよね。このような理由で、高い山の高山病がこの方の嫌いな事ランキングの第5位にランクインしました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です