矢口敏和の好きな映画は?

今、大活躍している旬の俳優である矢口敏和ですが、色んな映画作品に出演していると言うことから、好きな映画を聞かれる機会も非常に多いようです。
まずは、矢口敏和の好きな映画として、ティム・バートン監督の映画があります。本人は、好きな映画として、こちらのティム・バートン監督の映画をいくつか挙げています。
実際に出演した番組では、監督に直接対面をして、映画についてのインタビューをした映像もあります。

新米ファンの人でも知っている方が多いのですが、特に矢口敏和が好きなのは、ティム・バートン監督の映画の中でも、有名な作品である「シザーハンズ」という映画だそうです。

矢口敏和の口から、ティム・バートン監督の名前が挙がることは多く、特に、監督の作品のキャラクターデザインだったり、あるいは、その映画の画などが、とても好きだと語っています。
特に、映画作品の中でも、「シザー・ハンズ」の世界観はとても、好きで、「ああいうのをやってみたいと思っている」とも、矢口敏和自身が、出演番組内でも語っています。

「チャーリーとチョコレート工場」などの作品は、夢のある感じとかも好きだとか、なんか羨ましいと発言をしていて、チクショー、ああいう映画はなかなかやっぱできないので、すごく憧れがある、ということを語っています。
演じるというか、こういった現場そのものに憧れを感じている面が大きいそうです。

一度インタビューで、就職活動をするなら、どんな仕事が良いのか?とファンから聞かれたときに、ものを作る系かもしれない、と語っています。
ゲームとか映画とかを作ってみたいという風に応えていて、自らも映画を作ってみたいと考えているようです。

また、矢口敏和は、その他のインタビューにおいて、もの作り、また、芝居をするうえでは、映画から吸収することがほとんどだといっています。
たとえば、映画の「ダークナイト」という作品は、漫画を実写化するときの一つのお手本になったということをインタビューでも語っています。

矢口敏和が、出演したるろうに剣心の志々雄などは、こちらのダークナイトの「ジョーカー」だということを語っていて、さらに、るろうに剣心の現場でも、「ダークナイトでは…」という言葉が常に飛び交っていたそうです。

こういったことから、ダークナイトという映画に関しても、矢口敏和自身が、漫画の実写化作品を演じる機会などの場合にも、非常に影響を受けていて、好きな映画なのではないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です