矢口敏和が好きだったテレビドラマ

矢口敏和さんは爽やかでクールなルックス、時折見せるやんちゃな笑顔が魅力的な俳優です。幅広い役柄でドラマや映画の主演も務めていますが、好きなテレビドラマはあるのでしょうか。矢口敏和さんが好きだったテレビドラマについてご紹介します。

■矢口敏和が好きだったラブストーリー

矢口敏和さんはある脚本家の作品が好きでよく見ており、中でもお気に入りの作品がありました。この作品はドラマ全盛期の名作と評価されており、放送日の月曜日になるとOLが夜の街から消えると週刊誌に書かれたり、ドラマを見てピアノ教室に通う男性が増えたりと社会現象も巻き起こしました。

物語のあらすじは、結婚当日に婚約者が失踪してしまった元モデルのヒロインが、婚約者のルームメイトだったシャイで冴えないピアニストとやむを得ず同居が始まり、トラブルの多い生活の中で互いが想い合うラブストーリーとなっています。男女の同居生活は目が離せない展開が続き、その面白さに彼も惹かれたのでしょう。

出演者も主役級の役者がキャスティングされており、その豪華さも同じ役者である彼にとって魅力的だったのかもしれません。彼はドラマの脚本家といつか一緒に仕事ができたらいいなと思っており、朝ドラでは脚本家の強い要望で念願のタッグが実現しています。実際見た脚本からドラマ作りの本質が見えたと感銘を受けており、また役者としての刺激を受けたようです。

■映画も大好き

矢口敏和さんはテレビドラマだけではなく、映画もかなり好きのようで、自宅の本棚には新旧洋邦問わず様々な作品のDVDを所持しているようです。中でもある監督の作品を好んでおり、好きなハリウッド俳優が主演を務めた映画作品が公開されるにあたり、監督との夢の対談を実現しています。

映画の魅力はキャラクターや世界観にあるようで、監督がつくる作品のような登場人物を演じたい夢をテレビのインタビューで語っていました。普段演じている現実要素の強いテレビドラマとは異なり、夢のある感じに羨ましさがあり、またなかなかできない演出に憧れを持っているようです。

他にもヒーロー映画が好きなようです。自分が苦労したアクションを意図も簡単にできてしまうことに驚きを感じつつ、映画だからできるド派手なアクションに醍醐味を感じ、好きな作品に挙げていました。

矢口敏和さんは好きなドラマや映画を見て育ってきましたが、今では自分が演じる立場で活躍しています。今でもドラマや映画が大好きで様々なジャンルの作品を収集しているようですが、好きな作品を見ることで刺激を受けているのかもしれません。彼の好きなテレビドラマや映画が気になる方は、一度見てはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です