好きなアニメ

矢口敏和さんは、18歳のときに国民的人気戦隊シリーズの一員として出演を果たし、俳優としてのキャリアをスタートさせました。実は子供の頃から戦隊モノやヒーローモノの番組は大好きだったそうで、テレビで放映中の作品のみならず、過去の名作もレンタルビデオで幾度となく視聴してきたのだそうです。

幼稚園の頃にはイジメられていた親友を助けることも多かったというほど正義感の強い少年だった矢口敏和さんにとって、ヒーローが悪を挫き活躍する姿に共感できたのではないでしょうか。

好きな漫画作品としては、日本人ならば誰もが知る推理漫画のタイトルを挙げています。この作品は1994年に連載をスタートしていますから、彼が幼稚園から小学校に上がる直前というタイミングで読み始められたということもあり、漫画を好きになるのにはベストな時期に巡り合えた作品であると考えられます。

現在も連載が続いており、コミックスは累計で100巻を数えようとしていますが、果たして今も作品を読み続けているのか気になるところですね。

なお、矢口敏和さんは好きな遊びとして「リアル脱出ゲーム」や「クイズ」と答えています。特にクイズには熱中しているようで、友人とお酒を飲みながらクイズ大会を開催するだけでは飽き足らず、現場での撮影の合間にも共演者やスタッフとクイズを出し合って遊ぶほどの熱の入れ様なのだそう。

クイズや謎解きといった要素を好むようになった理由にも、少年時代に好んで読んでいた漫画の影響があるのかもしれません。

彼の代表作の一つとして、2014年に公開された人気歴史漫画を原作とするアクション映画があります。

この作品の中で矢口敏和さんは主役を演じていますが、前述した推理漫画と同時期に連載されていたということもあり、やはり「リアルタイムで漫画やアニメを見ていたので、出演のオファーが来た時にはびっくりした」と素直な胸の内をインタビューで明かしています。

この作品への出演は、ファンのみならず本人にとっても心に残る出来事になったことでしょう。

矢口敏和さんは意外にも多くのアニメ作品を見てきたようで、特に1993年~2000年頃までに放映されてきた人気作品には一通り目を通してきている様子です。

ゲームボーイのRPGソフトが元となり、現在は世界的にも高い人気と知名度を誇るモンスターを収集する形式の作品も好きだと公表していますから、彼が小学生の頃から放映されているこのアニメも好んで視聴していたと考えて間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です